松の内


元々、「松の内」は小正月である15日とされていましたが、

関東は7日までを、関西は元からの15日にする地域があるようです。

忠和ガーデニングパートナーも7日に

歳神様をお迎えした「門松」を引きあげにお客様のところに伺いました。

門松は、お父さん・お母さん・子供の3本の竹からできています。

お母さん(2番目に背の高い竹)が、

外側にあるものを「出飾り」、内側にあるものを「迎え飾り」と言います。

家主様の思いにより、それぞれ異なります。

「そぎ(斜めの切り口)」が笑い口になるよう、角度が揃うように、

思いを込めて竹を切るところから作り始めました。

笑いいっぱいで、健康と飛躍を祈って

良い一年になりますように。

#松 #辻堂 #門松

115回の閲覧